保育サービス

パピー保育園では、働き方に合わせた3つの保育サービスを提供しています。

病児保育サービス

保育中に発熱等の体調不良となったお子さまを専用スペース(病児保育室内の安静室)において看護師が緊急的な対応をおこないます。
また病気の回復期にあるお子さまが、保育所等での集団保育が困難な状態で、かつ保護者がやむを得ない事由のため家庭で育児ができない状況にある場合においても、一時的にお子さまを施設でお預かりして、保育を行います。

対象

  1. 病気の回復期又は、入院は必要ではないが自宅療養が必要な場合。
  2. 医療機関の受診が済んでおり、病名や看護方法が確定し保護者以外の第三者に預けてもよいと判断された場合。
  3. 麻疹や百日咳などの強い感染症や点滴などの治療が必要な場合は利用できません。(次ページ「学校保健安全法・感染症出席停止基準」をご覧ください。
  4. 通常保育の園児ならびに、小学3年生までの兄弟。
  5. 「ほほえみ」の児童発達支援・放課後等デイサービスを母子通園で利用している園児・児童の兄弟。
  6. (4) の保育基準の範囲内であること。
  7. 事前契約が必要です。
  8. 他の保育園を利用している園児は利用できません。

利用時間

8:30~17:30

利用料金

通常保育利用者は無料。兄弟などは次の料金になります。

時間帯平日・土・日・祝日
8:30~17:30 300円 / 時

※利用料金は当日の現金支払いとなります。

登園停止の病気について

下記の病気にかかった場合は「学校保健安全法・感染症出席停止基準」により登園停止となります。

病名主な症状登園停止期間
インフルエンザ 発熱、全身倦怠、筋肉痛、咽喉痛咳など 発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日間
百日ぜき 発作性咳の長期反復 特有のせきが止まるまで
麻疹(はしか) 上気道のカタル、発熱、粘膜疹コプリック斑 解熱後3日経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 発熱、耳下腺、舌下腺、頷下腺の腫脹及び圧痛 耳下腺のはれが消えるまで
風疹(三日はしか) 種々の発疹、軽熱、リンパ腺腫大 紅斑性の発疹が消えるまで
水痘(水ぼうそう) 軽熱、被覆部に発疹、斑点丘疹状 すべての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜炎(プール熱) 発熱、全身症状、咽頭炎と結膜炎の合併 主要症状が消えた後2日経過するまで
流行性角結膜炎 軽熱、頭痛、結膜の炎症、眼瞼浮腫、目やに 完全になおるまで
急性出血性結膜炎 流涙、結膜充血、眼瞼浮腫 完全になおるまで

※登園する場合、医師が記入した「登園許可証明書」(白い用紙)を提出してください。

 

次の病気の時もできるだけ登園を控えましょう。

  • 手足口病
  • リンゴ病
  • とびひ
  • ウィルス性腸炎(ロタウィルス・ノロウィルス・嘔吐下痢)
  • RSウィルス感染症
  • アデノウイルス
  • 溶連菌感染症
  • ヘルパンギーナ
  • 突発性発疹

以上の病気は登園停止ではありませんが、医師の診断に従い保育園での集団生活に適応できる状態に回復してからの登園となるよう、ご配慮ください。
※登園する場合、保護者が記入した登園届を提出してください
※いずれの用紙も園よりお渡しします。

お問い合わせ

お問い合わせ

メールでのご質問・お問い合わせはこちらから

よくある質問

よくある質問

パピー保育園について知りたいあんなこと・こんなこと

スタッフ紹介

スタッフ紹介

パピー保育園のスタッフご紹介

スタッフ募集中

スタッフ募集中

働きやすい環境がそろっています。働く仲間になりませんか?

社会福祉法人 青鳥会

パピー保育園の母体になる社会福祉法人青鳥会のサイトです。

Back to Top